パネルのメーカーの比較も忘れずに

西宮のマコです。太陽光が儲かるらしいです。うちのお父さんも太陽光を始めました。でも始めた瞬間に、内閣が太陽光の買取制度をやめるって話が出てきて、ずっこけてます。

太陽光発電を導入するには、資金計画をきちんと立てておくことも重要です。
現在、国や各自治体が補助金の制度を行っていますので、導入するときにはこれを積極的に利用してみましょう。

また、パネルの販売会社などが独自にローンを提供していることもあります。具体的な資金の計画がまとまったら、次はソーラーパネルの設置業者に見積もり輪依頼してみましょう。

見積もりを依頼するときは、太陽光発電の設置が可能かどうか、発電量などもチェックしてくれる業者を選ぶようにしましょう。こういった業者は、屋根の方角などにもとづいた日射量の予測や、屋根の形や素材、形状にもとづいて見積もりを作成してくれます。

見積もりを依頼するときにはより詳しい調査をしてもらえるよう、自宅の図面や電力会社、ガス会社の検針票を用意してもらうとよいでしょう。また、見積もりを依頼するときには一社だけでなく、複数の設置業者に依頼すると設置費用などの比較ができるので便利です。

太陽光発電を導入するときには、パネルのメーカーの比較も忘れずに行うようにしましょう。同じパネルのメーカーでも、国内のメーカーと海外のメーカーがあります。

そして、それらのメーカーの中でもさらに複数のものがあります。それぞれのメーカーのパネルは持っている特徴が違いますので、しっかりと確認しておきましょう。太陽光発電のメーカーを比較するポイントはいくつかありますが、そのうちの一つは価格です。価格は、1ワットあたりの発電量から計算をして比較するのが一般的です。

価格が安価なパネルのほうが設置の初期費用をおさえることができます。なお、太陽光発電のパネルは単結晶タイプと多結晶タイプの2種類がありますが、一般的に安価と言われているパネルは、多結晶タイプのシリコンでできたものです。

太陽光発電パネルの価格を比較するときには単に価格だけに注目するのではなく、その電池が単結晶タイプなのか、多結晶タイプなのか必ず確認するようにしましょう。